2017年2月16日

大森工業、溶融亜鉛めっき槽新設

 溶融亜鉛めっき加工や鋼構造物設計・製造などを行う大森工業(本社=千葉市、根上靖晃社長)はこのほど、本社工場に溶融亜鉛めっき槽を新設し、先月から稼働を開始した。2年前から開始された設備投資計画の一つで、総投資額は約1億5000万円。既存の大釜槽を予備槽として残すことで、バックアップ体制を確立する狙い。

おすすめ記事(一部広告含む)