2017年2月21日

鉄鋼連盟、メキシコ鉄鋼業との協力開始

鉄鋼連盟、メキシコ鉄鋼業との協力開始
藤本委員長講演の様子

 日本鉄鋼連盟は21日、日本の優れた省エネ技術移転の新展開として、メキシコ鉄鋼業との協力を開始すると発表した。13日にはメキシコ鉄鋼生産者協会(CANACERO)とともに現地でエネルギー・環境ワークショップを開き、今後は年1回程度会合を開き、製鉄所診断などを展開することで合意した。二酸化炭素(CO2)排出量を年間5300万トン以上削減してきた中国、インド、東南アジアに次ぐエコソリューション活動の一環として、世界的な省エネ、環境対策に貢献する。

おすすめ記事(一部広告含む)