2017年2月23日

大洋商事、タイ熱間鍛造合弁が稼働

 特殊鋼商社大手の大洋商事(本社=東京都中央区、北信一社長)が鍛造・精密機械加工メーカーのダイナックス工業(本社=兵庫県姫路市、安達義樹社長)と進めていたタイの熱間鍛造合弁「タイディ・メタル・タイランド」の開所式が2月8日に行われ、生産を開始した。年間生産能力は3000トン。国内大手電機メーカーの現地調達化に対応し、2年後をめどに売上高3億5000万円を目指す。現在は1600トン熱間鍛造ライン1台だが、今後は機械加工の設備導入を検討し、部品の組み立てまで視野に入れる。総投資額は約7億円。

おすすめ記事(一部広告含む)