2021年4月28日

大洋商事 フィリピン拠点が好調 機械加工フル稼働 設備増強など視野

特殊鋼商社の大洋商事(本社=東京都中央区、北信一社長)のフィリピン現地法人・大洋スービックの操業が好調だ。同社は2020年5月に機械加工工場の稼働を開始。昨年秋ごろより加工業務が増え、現在はフル稼働している。自動車部品やロボット向けなどの需要を取り込み、今後は設備の増強などの業容拡大を進める。国内拠点では設備導入や本社レイアウト変更などの生産性向上や働き方改革を推進する。

おすすめ記事(一部広告含む)