2017年2月27日

普通鋼輸出、5カ月連続減203万トン 1月、タイト化で余力減

 日本鉄鋼連盟が24日発表した1月の鉄鋼貿易実績によると、普通鋼鋼材輸出量は前年同月比2・0%減の203万2000トンで5カ月連続で減少した。国内需要の増加で高炉メーカーのロールがタイト化し、輸出余力が減少。自動車向けのハイテン化の拡大をはじめとする受注品種の高度化などで設備付加が高まっていることも余力減少の要因の一つとされる。4―6月についても輸出抑制とした姿勢が続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)