2017年3月16日

スティール・テクノロジーズ、米国2州で設備投資

 三井物産と米国・ニューコア社が折半出資する米国の大手コイルセンター、スティール・テクノロジーズ社(ST社、本社=米国・ケンタッキー州ルイビル、マイク・キャロル社長)は、自動車向け需要家ニーズを捕捉するため、テネシー州とインディアナ州で設備投資を実施し、今期上期(2017年1―6月期)中に稼働を開始する。ST社ではスリッターとともにブランキング、冷間圧延による板厚精度向上を図るなど、高付加価値加工比率を高めていく方針。

おすすめ記事(一部広告含む)