2017年9月11日

ステンレススクラップ、関東地区市況が続伸 LMEニッケル上昇受け

 関東地区のSUS304(18クロム―8ニッケル)ステンレススクラップ市況が続伸した。LMEニッケル相場の上昇を受け、一部の国内メーカーはSUS304ステンレススクラップに関して、9月から炉前購入建値を1キログラム当たり10円(トン当たり1万円)引き上げ、今週中にも他メーカーを含めて同140円(同14万円)前後で足並みが揃う見通しだ。この動きに連動する形で、関東地区のSUS304(18クロム―8ニッケル)市況はすでに同10円(同1万円)上昇している。
おすすめ記事(一部広告含む)