2017年11月6日

日本金属、福島に圧延機新設

 ステンレス圧延大手の日本金属は2日、自動車部品用高精度異形鋼の拡販体制強化の一環として、福島工場(福島県白河市)に異形圧延機を新たに設置する。設備投資額は1億2000万円で、2018年5月完成を予定。新設圧延機と併せ、工場内のレイアウトを一新し物流効率化を図ることでコスト削減と競争力強化を図り、さらなる受注獲得を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)