2017年11月13日

普通線材にタイト感 メーカー、採算改善を本格化

 足元で自動車や建機などの好調を反映し特殊鋼棒線の需給がひっ迫している一方、建設向けが主となる普通線材にも徐々にタイト感が広がっている。高炉メーカーでは特殊鋼棒線の生産シフトを実施している影響で普通線材の生産がタイト化、一部電炉メーカーも操業の繁忙を受け受注を抑制している。こうした状況を鑑みて、線材メーカーはマージンの改善を本格化する。普通線材製品を製造する線材加工メーカーも、素材高に加え輸送費など諸コスト上昇分の転嫁を進めていく構え。

おすすめ記事(一部広告含む)