2017年11月14日

関東・関西異形棒電炉、早期販価改善実現へ 6万3000円以上に引き上げ

 関東および関西地区の異形棒鋼電炉メーカーは鉄スクラップなど原材料価格やエネルギーコストが上昇している経営環境下、異形棒鋼の販売価格を早期にトン当たり6万3000円以上に引き上げ、同6万5000円の到達も視野に入れていく。

おすすめ記事(一部広告含む)