2017年11月22日

日中経済協会合同訪中代表団 ビジネス環境改善を

 日中経済協会と日本経団連、日本商工会議所の合同訪中代表団は21日、中国商務省と「グローバルビジネス展開と日中ウィン・ウィン協力」をテーマとした全体会議を北京で開き、同協会会長で訪中団団長の宗岡正二・新日鉄住金会長は、「中国が提唱する一帯一路構想含めインフラや製造業の分野での第三国市場での日中の協力事業のために透明性、開放性、経済性を十分に考慮したプロジェクトの組成が肝要だ」と述べ、経済協力に向けてビジネス環境の改善や対外開放の拡大、公平な競争環境創出の着実な実行を期待した。

おすすめ記事(一部広告含む)