2017年11月30日

佐々木鉄筋工業、独自溶接装置を拡販 配筋の省力化に貢献

 佐々木鉄筋工業(本社=宮城県登米市、佐々木定三社長)は今後、間隔保持筋溶接装置「NepsterV」(ネパスターV)などを本格的に販売していく。同社が自社開発した装置で、設備の優れた特性をPRし、外販していく。「配筋の省力化に貢献する設備で、今後は徐々に普及させていきたい」としている。

おすすめ記事(一部広告含む)