2017年12月1日

大阪地区 形鋼市況2000円上伸

 大阪地区の形鋼市況が上伸した。H形鋼はベースサイズでトン当たり8万円。一般形鋼の等辺山形鋼と溝形鋼も同8万円となった。市中価格は一服感があったもののメーカーによる3000円の値上げ発表を受けて、扱い流通が価格転嫁に努めた結果、2000円どころ上伸した。扱い流通は、足元ではH形鋼・一般形鋼ともに8万3000円どころで唱えを上げている。

おすすめ記事(一部広告含む)