• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2017年12月12日

新日鉄住金 店売り薄板、引受け削減継続 JFESも受注大幅調整

 新日鉄住金は薄板の店売り向けの引き受けカットを1月以降についても継続することを決めた。第3四半期(10―12月)に熱延黒皮・酸洗・冷延・亜鉛めっきの全品種で通常レベルから約50%の削減を実施しているが、自動車・建設・工作機械など内需の旺盛な活動が続いているため、輸出調整を継続した上でもなお対応が難しいと判断したもので、引き受け規模は第3四半期と同規模を見込む。ミル・品種によっては前期を超える受注調整になる可能性もあるとしている。また商社筋によると、JFEスチールも1―3月の店売り向けを中心に受注量の大幅調整に踏み切るようだ。すでに個別に交渉を始めており、削減幅は最大で50%水準に達する可能性もあるもよう。国内の大手高炉が相次いで店売り向けの調整を行うことになり、今後、需給タイト化に拍車が掛るのは必至で、準ひも付きなども含め市場全体に影響を及ぼす可能性が高い。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。




このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
採用募集
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2018/08/21
H2新断プレス
35200円 (―)40500円 (―)
317.4ドル (1.87)365.19ドル (2.16)

 換算レート (TTS) 110.9円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2018/08/21調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
7200068000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8600086000
鉄スクラップ
H22650022500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 671 666 669 664
電気亜鉛 314 308 314 308
電気鉛 283 280 283 280
アルミ二次地金 99% 215 210 215 210

非鉄金属市場価格へ