2018年1月22日

関東地区市況、H形8万3000円に上伸 6年7カ月ぶり高値水準 年内9万円の大台視野

 関東地区の形鋼市況は前月比でトン2000―3000円方上伸し、H形鋼市況(ベースサイズ)はトン8万2000―8万3000円と2011年6月以来6年7カ月ぶりの水準となった。好調な建設需要に加え、各種原料や副資材価格の高騰、物流コストの上昇などにより、高炉・電炉問わずメーカー各社の値上げ圧力が拡大。扱い筋は今後もこうした仕入れコストの上昇が続くとみて「9万円の大台を見据える必要が出てきた」(流通関係者)と年内には約9年ぶりとなる市況水準も視野に入れ始めている。
おすすめ記事(一部広告含む)