• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2018年1月24日

東京製鉄、4―12月経常益21%増 通期売上高 50億円上方修正

東京製鉄、4―12月経常益21%増 通期売上高 50億円上方修正

東京製鉄が23日に発表した2017年4―12月期の単独経常利益は、前年同期比21・3%増の107億2900万円となった。4―12月期決算の経常増益は2期ぶり。今村清志・常務取締役営業本部長は、「製品値上げを推進したほか、生産数量の増加に伴う固定費削減効果や、コストダウンに取り組んだことが収益改善に寄与した」とコメントした。

4―12月期の鋼材出荷数量は前年同期比25万9000トン増の180万5000トン。田原工場の生産量(熱間圧延製品ベース)は同10万9000トン増の50万7000トン。販売数量の内訳は条鋼類59%(形鋼53%、異形棒鋼6%)、鋼板類41%(薄板34%、厚板7%)。前年同期比で輸出比率(金額ベース)は同0・2ポイント上昇の9・3%。販売単価は同9900円高のトン6万6400円、鉄スクラップ購入価格は同8900円高の同3万円、メタルスプレッドは同1000円拡大し、同3万6400円。営業利益ベースでは同21億円のプラス。

21億円の内訳として、スプレッド拡大で18億1000万円、また増産効果によって14億1000万円がそれぞれプラス要因となり、合計32億200万円。一方、コストは増産に伴う固定費改善でトン1260円のプラス、また変動費アップで同1880円のマイナスとなり、差し引きでトン620円の悪化となり、トータル11億2000万円のマイナス要因となった。

10―12月期は鋼材出荷数量が計画比1万6000トン増の61万6000トン。販売単価は同200円高のトン6万8200円、鉄スクラップ購入価格は同1700円高の3万3700円、メタルスプレッドは同1500円縮小の3万4500円、営業利益は同5000万円減の27億円。10―12月の営業利益はスプレッド縮小影響で9億2400万円悪化したものの、増産効果で8億7400万円改善した影響で5000万円のマイナスに止めた。

18年1―3月期の計画は、冬季定期修繕で鋼材出荷数量が10―12月比1万6000トン減の60万トン、販売単価は同4000円高のトン7万2200円、鉄スクラップ購入価格は同3800円高の3万7500円、メタルスプレッドは同200円拡大の3万4700円、営業利益は同2億円マイナスの25億円と想定。スプレッド拡大で1億2000万円のプラス要因とし、冬季定修や変動費アップ等で3億2000万円のマイナス要因があり、2億円悪化するとみている。通期鋼材出荷数量は240万トン(上期119万トン、下期121万トン)を計画している。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
採用募集
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2018/08/16
H2新断プレス
34800円 (―)39700円 (―)
311.8ドル (2.19)355.7ドル (2.5)

 換算レート (TTS) 111.61円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2018/08/16調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
7200068000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8600086000
鉄スクラップ
H22550022000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 661 656 659 654
電気亜鉛 311 305 311 305
電気鉛 283 280 283 280
アルミ二次地金 99% 215 210 215 210

非鉄金属市場価格へ