2018年2月16日

東京スチールセンター、設備トラブル対策強化

 伊藤忠丸紅鉄鋼直系コイルセンターの東京スチールセンター(本社=神奈川県愛甲郡愛川町、片岡達之社長)はこのほど、BCP(事業継続計画)の再構築に着手した。設備トラブル発生時の対策を中心に洗い直しを進めており、予備部品の確保や緊急時に代替加工を依頼できるパートナーとの枠組み作り、自社の保全技術向上などに取り組んでいる。
おすすめ記事(一部広告含む)