2018年4月10日

関東地区の異形棒電炉、売腰強め現行販価堅持

 関東地区異形棒鋼電炉メーカーは主原料・鉄スクラップ価格が下落している環境下において、2018年度から電極を含めた各種コストが大幅にアップしていることから、売り腰を強め、現行販売価格を堅持する動きだ。各社で対応が異なるものの、ベースサイズはトン当たり7万3000―7万5000円を、細物サイズではトン当たり7万5000円を需要家に提示している。
おすすめ記事(一部広告含む)