2018年5月7日

神鋼建材工業、建材全製品を値上げ 8―10%、コスト増転嫁

 神鋼建材工業はこのほど、4月1日見積もり分から、建材全製品を従来比8―10%値上げしていることを明らかにした。熱延コイルやメッキ用の亜鉛など原材料価格の高騰に加え、輸送費・人件費が上昇し、コスト負担が増しており、このコスト増を転嫁し、収益改善を図るのが目的。

おすすめ記事(一部広告含む)