2018年5月10日

森鋼材が第2工場拡張、安全性・労働環境を改善

 森鋼材(本社=大阪府門真市、森徹社長)は、第2工場(同)の拡張工事を進めている。拡張後は第1工場を第2工場へ集約し、事務所も敷地内に移転する。安全性向上や労働環境の改善につなげることが狙い。総工費は4億円強で8月中旬に完成予定。  拡張後の敷地は約2600平方メートル。工場建屋の面積は現在の630平方メートルから約1500平方メートルに拡張する。

おすすめ記事(一部広告含む)