2018年5月11日

日鉄住金物産、20年度売上高2.8兆円へ

 日鉄住金物産は10日、「中期経営計画2020」(18―20年度)を策定し、連結売上高2兆8000億円、経常利益440億円、純利益260億円への収益拡大を目指すと発表した。前中計比2倍強となる500億円の事業・設備投資を計画。三井物産グループ鉄鋼事業一部譲受などの投資効果を引き出し、M&Aなどの施策も展開。国内外のバリューチェーンを拡充し、複合専業商社としての持続的成長の道筋を拓く。

おすすめ記事(一部広告含む)