2018年5月17日

中山三星建材、前3月期増収増益

 中山製鋼所グループの中山三星建材(本社=堺市、辻村光夫社長)が16日発表した2018年3月期の単独決算は、経常利益が前期比11・8%増の20億3700万円だった。売上高は同9・5%増の210億6800万円で、ROS(売上高経常利益率)は過去最高の9・67%を計上。純利益は同6・1%増で増収増益となった。

おすすめ記事(一部広告含む)