2018年5月30日

ものづくり白書 高度IT活用推進 製造業対応を後押し 鉄鋼業など先進事例紹介

 政府は29日、2018年版のものづくり白書をまとめた。経済産業省、厚生労働省、文部科学省の共同執筆で、人材不足や品質への過信、デジタル化への対応の遅れなど危機感を示し、現場力の強化、デジタル人材など人材育成、確保、付加価値獲得などの課題を挙げた。鉄鋼業を含め大手、中小企業のさまざまな先進事例などを紹介。政府は高度ITを活用したコネクテッド・インダストリーズの推進などを通じて製造業の対応を後押しする。

おすすめ記事(一部広告含む)