2018年5月30日

BMA(三菱商事・BHP合弁)休止原料炭鉱、双日が権益取得へ

 三菱商事と双日は30日、三菱商事と豪資源大手、BHPの原料炭合弁事業、BMAが持つ原料炭鉱の権益を双日が取得することで合意したと発表した。双日は休止中のグレゴリー・クライナム炭鉱の権益100%を1億豪ドル(約82億円)で取得する。豪州当局の承認などを経て実行する。三菱商事は資産入れ替えの一環としている。双日は原料炭強化を狙う。

おすすめ記事(一部広告含む)