2018年5月31日

特殊鋼生産、3年ぶり2000万トン乗せ 17年度、棒線中心に繁忙

 経済産業省の統計によると、2017年度の特殊鋼熱間圧延鋼材生産量は前年度比4・8%増の2060万トンと2年連続で増えた。2000万トン台の節目に乗せたのは3年ぶり。年度を通じて自動車や建機、産業機械など幅広い分野で需要が堅調に推移し、特殊鋼メーカーの生産は棒鋼・線材を中心に繁忙が続いた。

おすすめ記事(一部広告含む)