• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2018年7月4日

高炉メーカー、薄板ひも付き交渉佳境

 今年度上期の高炉メーカーと大手需要家との間の薄板ひも付き交渉が佳境に入ってきた。主原料の価格変動、物流費や副原料の上昇、そして高機能材の構成比アップなど変数要因が増加したことで、需要分野によってはこれまでの主原料変動に依存した交渉から大きく変化してきている。主要分野の一つである電機向けでは4―6月期が1―3月期に比べてトン当たり3000―5000円の値上がりとなっている上、7―9月についても値上げ方向で交渉が進む。集中購買という大枠の中では反映が難しかった低採算品についても見直しが行われており、一部には同1万円近い値上げで話が進んでいるものもあるようだ。高炉メーカーにとっては今後の交渉が業績の本格回復に向けた正念場となる。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-6443-8550

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
採用募集広島 採用募集東京
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2019/04/17
H2新断プレス
31600円 (―)35800円 (―)
279.3ドル (-0.35)316.42ドル (-0.39)

 換算レート (TTS) 113.14円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2019/04/17調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
7200069000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8800088000
鉄スクラップ
H22050019500

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 750 745 748 743
電気亜鉛 378 372 378 372
電気鉛 277 274 277 274
アルミ二次地金 99% 207 202 207 202

非鉄金属市場価格へ