2018年8月15日

関西溶断業者、切板唱え再度引上げ

 関西地区の溶断業者は今月下旬から、切板の唱えを再度、引き上げる方針。各社は早急に10万5000円の切板価格を形成し、年内には11万円の大台乗せを目指す。国内外メーカーは母材価格をさらに引き上げてきており、結果、地区の溶断業者は収益が悪化、この是正を図るのが狙い。

おすすめ記事(一部広告含む)