2018年8月21日

アマダHD、新卒採用でAI導入

 アマダホールディングス(神奈川県伊勢原市、磯部任社長)は21日、新卒採用活動でAI(人工知能)を活用した「エントリーシートを読み解く技術」が、経済産業省などの「第3回HRテクノロジー大賞」の「奨励賞」を受賞したと発表した。新卒採用で業務効率化、人材の戦略的活用を狙いに、採用選考にAIを導入する企業が拡大する中で、同社では本年4月入社の新卒者採用活動から、人事担当者の経験、知識では気付きにくい個々の学生の良さや可能性を考慮するためAIを導入。AIで多数のエントリーシートを分析、学生を多角的、客観的にとらえ、挑戦し続ける志向性やマインドを持つ人材採用を推進していく。

おすすめ記事(一部広告含む)