2018年8月23日

高炉4社粗鋼、4年ぶり8200万トン台回復 18年度見通し

 新日鉄住金、JFEスチール、神戸製鋼所、日新製鋼の高炉メーカー4社の2018年度の粗鋼生産量(単独ベース)は前年度比3・3%、260万トン増の8260万トン程度と2年ぶりに増加し、4年ぶりに8200万トン台を回復する見通しだ。国内の鉄鋼需要は建設・製造業分野ともに堅調で需給はタイト化している。西日本豪雨など相次ぐ自然災害の復旧資材も優先的に供給する必要がある。高炉メーカーにとっては安定操業による供給拡大が課題となっている。

おすすめ記事(一部広告含む)