2018年8月31日

福岡鋼業、コラム加工ライン増設

 阪和興業グループで、鋼材加工販売の福岡鋼業(本社=岡山県津山市、伴秀夫社長)は真庭加工センター(岡山県真庭市)で7月下旬から進めていたコラム加工ラインの増設を完了し、8月に稼働を開始した。既存ラインと合わせ2ライン体制を構築、切断・開先の最大加工サイズを550ミリ角から800ミリ角まで拡充した。能力増強と生産の安定化・効率化を図ることで、加工量を現在の月間300トン水準から500―600トンまで引き上げ、旺盛な加工需要に応える。

おすすめ記事(一部広告含む)