2018年9月13日

吉田鋼業、サミットスチール旧・泉北工場を購入

 吉田鋼業(本社=大阪府東大阪市西石切町、吉田清社長)は今年8月に、コイルセンターのサミットスチール(本社=大阪市中央区)の旧・泉北工場(大阪府泉大津市)を購入、9月から「泉大津臨海工場」として活用を開始した。今後、コラムの切断・開先の一貫加工ライン(2ライン)、H形鋼の一貫加工設備(穴開け機2基、切断機2基、開先機2基)を順次新設・稼働させる計画で、来年4月までにすべての加工設備を据え付け、同5月からは全設備が稼働する。投資金額は全体で約30億円(土地・建屋・修繕費・設備費用など)。新工場ではプロジェクト対応でH形鋼(BHを含む)とコラム(BCPとBCR)の大型・長尺サイズ、厚板を主体に在庫し、最終的には2万トンの鋼材の保管体制を整備する。中期的には同工場で月間5000トンの取扱いを目指していく。

おすすめ記事(一部広告含む)