2018年10月3日

平鋼国内需要、月間7万4000トンで推移 18年度

 2018年度における普通鋼平鋼の国内需要(推定)は、前年度比3%増の月間ベース7万4000トン前後で推移している。18年度はオリンピック関連や首都圏再開発、物流倉庫やホテルなどの建設案件が進捗。下期は需要全体に占める割合が約4割となる建設(建築・土木)向けで堅調を見込むほか、建設機械や産業機械向けなども順調に推移するとともに、下期ヘビー型の需要構造の季節要因も加わり、下期の平鋼内需は上期比5%前後のプラスとなる見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)