2018年10月9日

アールテクノ、設備リフレッシュ加速

 ステンレス流通大手のリンタツのグループ会社、アールテクノ(名古屋市緑区大根山2―51、山下良隆社長)は、老朽設備の更新による生産体制のリフレッシュを加速している。前週にはステンレス製の平鋼「フラットバー(FB)」を製造する1号ラインの電気制御系機器の更新を完了。さらに来夏にはコイル巻き替え機のリプレースを実施し、生産活動におけるBCM(事業継続マネジメント)を強化する。

おすすめ記事(一部広告含む)