2018年10月16日

ヤマトスチール 11月出荷H・11契一般形、前月比で価格据置き

 ヤマトスチール(本社=姫路市、小畑克正社長)は16日、11月出荷分からの店売り向けH形鋼販売価格と11月契約分の一般形鋼(溝形鋼・I形鋼)価格を前月比で据え置くと発表した。製品の申し込み締め切りは今月24日まで。H形鋼の引き受け数量については、9月下旬から10月上旬にかけての約1週間にわたって製鋼トラブルが生じた影響から「10月契約分が11月にロールがずれ込むなど生産調整を余儀なくされている」(同社)ため、前月実績の50%を上限に設定する。また、一般形鋼は溝形鋼・I形鋼とも通常月間4サイズを受注・生産しているのに対し、11月契約分では溝形鋼で2サイズ、I形鋼は1サイズに受注を絞り込む。

おすすめ記事(一部広告含む)