2018年10月23日

サハシ特殊鋼、焼却炉事業が大幅受注増

 特殊鋼流通大手のサハシ特殊鋼(本社=名古屋市港区、佐橋健一郎社長)は、昨年立ち上げた焼却炉事業における受注実績を早くも20基に伸ばしている。来年納入分には初の海外受注となる東南アジア向けも含み既に17基を確定しており、来期の同事業の売り上げを今期比35%アップする方針で、経営資源の投下を加速し柱事業としての育成を進める。

おすすめ記事(一部広告含む)