2018年11月5日

JFEHD 健康経営格付、最高ランク取得

JFEホールディングスは2日、日本政策投資銀行(DBJ、渡辺一社長)の「DBJ健康経営格付」の評価で最高ランクの格付を取得したと発表した。健康経営格付の取得は日本の鉄鋼メーカーでは初。「DBJ健康経営格付」融資は独自の評価システムで、従業員の健康配慮への取り組みで優れた企業を評価、選定、その評価に応じて融資条件を設定する仕組み。「健康経営格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューとなる。同社グループの従業員とその家族の健康保持、増進や安全で魅力に富み働きがいのある職場づくり、人材能力の最大限発揮可能な環境の整備などが評価された。最高ランクの格付に基づき、JFEスチールの事業資金として100億円の融資を受けた。

おすすめ記事(一部広告含む)