2018年11月8日

JFE条鋼・豊平、ビレット輸出対応工事が完了

 JFE条鋼豊平製造所(札幌市、小山内寿取締役常務執行役員所長)は、今年9月から進めていたビレット輸出対応工事がこのほど完了した。ビレットサイズを従来の110ミリ角×長さ4・6メートルから、120ミリ角×長さ6メートルに太径、長尺化したもので、8日夜の製鋼時に搬出テストを行う。種類はSD295Aと同390を予定。また、当初ビレット角は国内向けと輸出で分ける予定だったが、生産効率を考えて120ミリ角に統一することを決め、今月中にも異形棒鋼のJIS規格を再取得する予定だ。

おすすめ記事(一部広告含む)