2018年11月9日

朝日工業、鉄筋棒鋼の契約方法見直し

 大手電炉メーカー、朝日工業は9日、2019年1月契約分から、鉄筋棒鋼販売に関する契約方法を見直すと発表した。対象製品は鉄筋棒鋼と、ねじ節鉄筋である「ネジエーコン」で、対象エリアは関東。同社では契約月から3カ月以内に出荷を開始する納期設定を原則とし、出荷開始後1年が経過した時点で契約残があるケースでは需要家と別途協議する方針。

おすすめ記事(一部広告含む)