2018年11月12日

関東大手流通、薄板販価2000円引き上げ 今月帳端明けから

 関東地区の大手流通は今月帳端明けから、熱延鋼板(中板)と酸洗鋼板、表面処理鋼板の販売価格をトン当たり2000円引き上げることを決めた。先月半ばに先行して冷延鋼板の値上げを実施しており、10―11月で薄板類を全品種値上げすることとなる。鉄鋼メーカーの生産不調と下期からの需要回復が相まって、市中では急速に品薄感が台頭。他の大手流通も唱え上げを活発化させており、薄板市況は先高観が一段と強まっている。

おすすめ記事(一部広告含む)