2018年10月24日

関東大手流通 冷延鋼板2000円値上げ

 関東地区の大手流通は先週から冷延鋼板の販売価格をトン当たり2000円引き上げた。冷延鋼板は荷動き不振で薄板類の中では最も価格転嫁が遅れていたが、今月に入り、問屋などからの引き合いが増加。市中では台風影響によるメーカーからの入荷減や岸壁在庫の被害などで品薄感が強まっており、値上げも浸透すると判断した。来月以降、中板や酸洗鋼板などの値上げも視野に入れており、市況への影響や追随する動きが出てくるかどうかが注目される。

おすすめ記事(一部広告含む)