2021年4月22日

関東大手流通 薄板 21日受注から店売り唱え上げ

 関東地区の大手流通は21日受注分から、店売り向けの薄板全品種を値上げした。値上げ幅は酸洗鋼板、冷延鋼板が前月比でトン当たり1万円、熱延鋼板、電気亜鉛めっき鋼板、溶融亜鉛めっき鋼板が同5000円。4月契約での受注を前倒しで終了し、同日から5月契約扱いとした。メーカーからの入荷難で販売量が限られ、需給のひっ迫度が高い酸洗と冷延の単価をより引き上げる。ただ、上げ幅の違いを市場が受け入れるかどうかは不透明で、酸洗・冷延の上乗せ分については「苦戦が予想される」(大手流通幹部)。

おすすめ記事(一部広告含む)