2018年11月19日

番貞鋼材、H形鋼用一次加工ライン本稼働 対応サイズ最大幅1000ミリに

 群馬県で鋼材販売・加工を行う番貞鋼材(本社=群馬県前橋市、番場義男社長)は今週からH形鋼専用の一次加工ラインが本格稼働する。本社至近の第二工場(群馬県前橋市)を増築した上で、10月に加工ラインを新設し、試運転を進めていた。H形鋼の切断範囲拡大に加え、穴開け・開先・ショットブラストを内製化し、対応サイズを最大幅1000ミリまで広げる。自社での加工領域やサイズ拡大により、ファブリケーターなどユーザー向けの販売体制を強化し、トータルの社内加工量で月産1000トンを目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)