2018年11月20日

柿木鉄連会長、18年度粗鋼「昨年度並み」

 日本鉄鋼連盟の柿木厚司会長(JFEスチール社長)は19日の定例会見で2018年度の粗鋼生産について、「昨年度並みになるだろう」との見通しを示した。「今年前半は豪雨や台風の自然災害や生産トラブルの影響もあった」と粗鋼量を下押しする要因を挙げ、需要は堅調だが、供給側の事情により抑えられるとの見方を示した。

おすすめ記事(一部広告含む)