2018年11月28日

鉄鉱石、スポット価格下落 中国鋼材市況軟化受け

 中国の鋼材市況軟化を受けて、鉄鉱石のスポット市況が下落している。業界関係者によると、今週に入って中国着のスポット価格はトン約65ドル(7400円)と先週から10%程度下がった。供給に大きな変化はなく、鋼材の値下がりに連れて下げているようだ。原料炭に大きな変化はなく220ドル水準の高値を保っており、炭鉱の休止などタイトな供給事情を反映しているとみられる。中国で生産過多が鋼材の値下がりにつながっているようだが、大気汚染が急激に悪化するなかで、当局による生産規制が強まる可能性もある。

おすすめ記事(一部広告含む)