2022年2月24日

国際価格 フェロバナジウム高騰 年初から3割、供給不安で

フェロバナジウムの国際価格が年初から3割上がった。業界関係者によると、ウクライナ情勢が供給不安を招いており、足元の相場は直近最安値の昨年10月に比べて42%高い。ウクライナとは無関係に原料の五酸化バナジウム(V2O5)の供給不足も値上がりの背景にある。米露など外交努力が伝えられ、市場のムードはやや落ち着いてきたというが、供給不足懸念から上値を追う可能性もある。
おすすめ記事(一部広告含む)