2019年1月24日

JFEスチール、豪高品位原料炭鉱 バイヤウェン本稼働

 JFEスチールは23日、豪州クイーンズランドで開発を進めていた高品位原料炭鉱、バイヤウェンが強粘結炭の初出荷にこぎつけたと発表した。本年は年産能力の300万トンを生産するうち、JFEスチールは15%の出資見合いを基準に引き取る。高品位原料炭の需要は強く、600万トンへの倍増工事に既に着手し、将来は1000万トンを視野に入れる。新規優良ソースのバイヤウェン稼働によって、JFEスチールは自社の原料を長期安定確保し、原料炭市場の安定化にも寄与する。

おすすめ記事(一部広告含む)