• 産業新聞購読者用ログイン
  • 産業新聞とは

更新日: 2019年1月28日

中国鋼材先物価格上昇 昨年11月水準に回復 冬季操業制限、需給緩和が収束

 鋼材の先物価格が上がり、昨年11月の水準に戻った。熱延コイルは23日にトン3556元(約5万7600円、19年5月限)と年初比7・6%上昇。異形棒鋼は3643元と7・5%上がった。冬季の鉄鋼操業制限が本格化し、需給の緩みが収まったとみられている。政府の景気対策が需要を下支え、春の需要期に鋼材価格に浮揚力が生じる可能性がある。 ...
産業新聞本紙ではWEBにはない記事を多数掲載しています。WEB上では短くカットされている記事についても紙面では全文掲載しています。本紙に興味のある方は 見本紙 または ご購読 をお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

産業新聞とは
産業新聞購読申込み
産業新聞PC版申込み

産業新聞購読申し込み

産業新聞PC版申し込み

=06-7733-7050

受付時間:平日10:00~18:00

記事内容・配達に関するお問い合わせは各拠点に

検索

日付
RSSフィード
Google+

相場・統計データはこちら

日本鉄スクラップ総合価格 (メーカー炉前平均)(産業新聞)

 2019/09/12
H2新断プレス
24200円 (-100)26600円 (-200)
221.84ドル (-1.79)243.84ドル (-2.8)

 換算レート (TTS) 109.09円 / ドル
 * 東京・大阪・名古屋の3地区電炉メーカー購入価格平均(トン当たり)

2019/09/12調べ (△印は上げ、▼印は下げ)
(円/トン)
品種東京大阪
条鋼類
異形棒鋼
SD295(直送)D16-25
7200066000
H形鋼
5.5/8 x 200 x 100
8500085000
鉄スクラップ
H21400012000

鉄鋼市場価格へ

現金(円/kg)
品種 東京大阪
高値 安値 高値 安値
地金
電気銅 -644 -639 -642 -637
電気亜鉛 +293 +287 +293 +287
電気鉛 277 274 277 274
アルミ二次地金 99% 199 194 199 194

非鉄金属市場価格へ