2019年1月29日

東京地区、縞鋼板市況3000円上伸

 東京地区の縞鋼板市況は前月比でトン当たり3000円方上伸した。前月帳端開けから専業大手が唱えを大幅に引き上げており、その一部が浸透した。縞鋼板は他の鋼板類よりも鉄鋼メーカーからの供給が限られ、市中の品薄感も強い。専業大手は引き続き売り腰を引き締め、さらなる転嫁を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)