2019年3月13日

異形棒鋼、関西流通唱上げへ 4月メーカー値上げ見込む

 関西地区の異形棒鋼扱い業者は今月下旬以降、製品の唱えを引き上げる方向だ。地区メーカーは原材料鉄スクラップや諸経費の値上がりを受け、4月の実行販売価格を引き上げる可能性が高まっており、流通としても先行的に市況を上げていくことで、目先の安定利益を確保するのが狙い。

おすすめ記事(一部広告含む)