2021年12月24日

東京デーバー追加値上げ 異形棒鋼、1月契約から2000円

東京鉄鋼と伊藤製鉄所の異形棒鋼共同販売会社、東京デーバー販売(本社=東京都千代田区、社長=飯塚一夫・東京鉄鋼常務執行役員)は、異形棒鋼の追加値上げを実施する。2022年1月1日以降の契約分で販売価格をトン当たり2000円引き上げ、同9万8000円にすることを決めた。主原料・鉄スクラップ価格が高止まりする中、22年1月以降で鉄スクラップ以外の各種コストが大幅に上昇する見通しで、このコスト増分を販価に反映させる。

おすすめ記事(一部広告含む)